読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予定が沢山

そうねぇ~。

あれは丁度1ヶ月前でした。

乙四危険物に合格したのは。

昨日ポストに不在票が入っていたので、今日郵便局へ行って受け取りに行ってきました。


f:id:Missingkiry:20170414193923j:plain


これで晴れて危険物を取り扱えます。

この前本屋さんで乙四類消防設備士の参考書をパラパラと見ていましたら、危険物と内容が被っている部分がありました。

予定では二種電工が合格したら乙四類消防設備士も取るのですけど、もしかしたら思っていたよりは苦戦しないかもです。

二種電工を持っていると試験が免状される部分もあるみたいだし。




一昨日職場でぼや騒ぎがありまして、警報とスプリンクラーが放水しました。

一度放水したスプリンクラーヘッドは使えなくなるので交換しなきゃならないのですけど、その交換作業を行えるのは「甲種」の消防設備士なんですね。

その日たまたま消防設備士の方々が点検に来ていたので、スプリンクラーヘッドを交換してもらう運びとなりました。

交換するのに天井を開口して作業する位置を確保しなければなので、チャンモリと僕で天井の開口作業しました。

そしていざヘッドを交換してもらう段階で「2.6だけど2.3しか今ないや」って。

全く意味が解らなかったんだけど、副所長の岩ちゃんと消防設備の方の話から推測は出来ました。

どうやら放水時の半径距離を指しているようです。

なるほど。

半径2.6メートル放水できるヘッドが付いていたけど、今の手持ちは2.3メートルのしかないと。

きっと場所によって設置基準があるんだろうな。

後々知ったけどスプリンクラーが作動開始する温度も72℃と96℃があるみたい。

こいうい事って本を読んで暗記するより、現場で話を聞いていた方が頭に入ります。

あと「ケムカン」がどうのこうのと言ってましたけど、これは恐らく「煙感知器」の略ではないかと。

消防も興味が湧いてきました。