読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口計算

言葉や数字をうまい事というか、ズルイ事交えながら「あれっ?」って思わせられてしまうお話があります。

有名なのが「3人の旅行者の問題」というやつ。

僕も初めて知った時に騙されました。

━━━━━━━

ある日、三人の旅行客が旅先の旅館にて、宿泊代として一人10,000円ずつ、合計30,000円を支払った。

そのお金を受け取った支配人は、オフシーズンのためにお客が少ない時期ということもあり、リピートを見込んで宿泊料金を若干サービスすることにした。そして、仲居に対し、三人の旅行客に合計5,000円を返してくるようにと命じた。

しかし、その仲居は三人の旅行客に5,000円を返した場合、三人が均等に分けることができずに困ってしまうのではないかと考えた。そこで仲居は5,000円のうち、2,000円を自らの懐に入れ、残りの均等に分けることができる3,000円のみを三人の旅行客に返すことにした。

この時、三人の旅行客が返ってきた3,000円を均等に分けたとした場合、一人が支払った金額は10,000円から1,000円を差し引いた9,000円になり、三人で合計すると27,000円になる。そこに仲居が懐に入れた2,000円を加えても、合計は29,000円であり、最初に三人の旅行客が支払った30,000円には1,000円足りないという計算になる。

果たして、差額の1,000円はどこへ消えてしまったのだろうか?

━━━━━━━

ねっ。

当たり前ですけど、千円は消えていません。

あくまでもこちら側の思考を、意図的にミスリードさせようとしているお話しです。

解答のYouTubeがありましたので貼っておきます。

https://youtu.be/GTX3KjFzS2M

ドラえもんジャイアンのび太にアイスを買いに行かせたお話しを思い出しました。