赤翁

早いもので今の職場に就いてから約一年。

扱いは今年の一月一日からだからね。

僕の部署には二人の先輩がいて、頭でやられていた方は勤続16年でした。

年は65才。

いつもコンビニ袋に一杯の食料と飲み物を詰め込んでやってくる。


f:id:Missingkiry:20161224075008j:plain


コンビニでのお買い物はもちろん、途中駅の東京駅でご当地弁当なんかも買ってくる。

時々僕にも「食べなよ」ってカニ弁当やサバ寿司なんかも買ってきてくれた。

そんな人だったけど、12月12日で退職しちゃった。

お酒の飲み過ぎで身体もシンドそうだったし。

羽田から舞浜まで通うのにも疲れちゃったみたい。

所長はホテルがオープンした時から一緒だったから、綺麗な形で終わりにしてもらって送別会を開きたかったらしいけど、それは叶わなかった。

遅刻こそはしなかったけど、勤怠はとても褒めらものじゃなかった。

それを所長はお見通しだったけど「ムカつくんだけど憎めないんだよな」って言っていた。

片眼どころか両眼を瞑ってもらっていたのにね。

でもやはり古残兵だから色んな事をよく知っていた。

僕的には職場にきてただ座っているだけでも良かったのに、と思っていたんだけど。

んで、皆からクエスチョンがきたら答えてくれるだけの役回りでもね。

まぁ、しょうがない。

16年間お疲れさまでした。


f:id:Missingkiry:20161224080157j:plain




彼が道具を引き下げる時に、道具を収納していたスチール棚を僕に譲ってくれた。

「ここを使いな」って。

彼の道具は段ボール2箱で十分な程だった。

「置いていくヤツは好きに使っていいよ。今日は若林さんが居て、あいつが居なくてよかった。あいつにあげるくらいなら捨てちゃうよ」

その言葉が示す通り彼ともう一人は仲が悪かった。

僕もその人が好きではない。

その人も来年度で定年なんだけど、たぶん人間が悪すぎるから嘱託はやらせて貰えないと思う。

すると残るは僕1人。

どうなるのかな?。




後日譲り受けたスチール棚を整理していたら、細々と色んな物が出てきた。

仕事に使うものもそうなんだけど、中にはプライベートな物も。

健康診断の結果なんて思い切り個人情報でしょうに。

そしてこんなプリクラも。


f:id:Missingkiry:20161224091244j:plain


なんか寂しいぞ!。

この画像は岩ちゃんと歌さんにだけ送った。

彼が最後の時に僕にこう言った。

「わしは若林さんの事がとても好きだった。ありがとう」と。

お身体だけはどうぞお大事に。