読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小隊

Lostkiry
3月 4TH 2016
小隊




f:id:Missingkiry:20160813122141j:plain


オリバー:ストーン監督の「プラトーン」を視ました。

1986年公開だったそうです。

ベトナム戦争を題材にしたお話ですけど、あの頃はベトナム戦争の映画がいくつか出ました。

ハンバーガー:ヒルやプライベート:ライアンもその口です。

タワーリングインフェルノでも言いましたけど、プラトーンも善悪のキャラがちゃんと設定されています。

だから視る方としては判りやすいとは思います。

その狭間の立場を若かりし頃のチャーリー:シーンが演じています。

 

 

ベトナム戦争でアメリカ兵はM16という銃を手にしていました。


f:id:Missingkiry:20160813122222j:plain


僕は銃には詳しくないのですけど、それくらいは知識としてあります。

ゴルゴ13の愛用銃もアーマーライトのM16。

それなりに優れている銃なんでしょうね。

ところが結果的にはその性能を裏切る形だったそうです。

この話は遡ると結構僕的に面白い話でして、銃の性能は上がったもののヒューマニズムがそれを阻んでいたようです。

それについてはまた今度お話ししようと思います。

普通の人にとっては陳腐な話で詰まらないでしょうけどね。

それも削除ネタかな。

ちなみに「プラトーン」とはこの投稿のタイトルの意味です。