ルール違反

ペダルを漕いでえっちらおっちら。

たどり着くは江戸川河川敷。

旧行徳橋は可動堰なんですけど、老朽化のために新しく橋を作り始めています。


f:id:Missingkiry:20170416122808j:plain


いつ頃完成なのかは知りません。

稚アユはここではなく、もう少し江戸川区の方向へ向かった橋のたもとです。

今日の釣り場はどうでしょうかね?。


f:id:Missingkiry:20170416122956j:plain


あちゃぁ~。

ガンガンと上流から流されてしまっていますね。

この橋も可動堰です。

釣りづらそうだな。

でも太公望達は「来たからには釣る」という前向きな姿勢で挑んでいるようです。


f:id:Missingkiry:20170416123226j:plain


さすがに人数が少ないのと、流れのキツイ所は避けているようです。

ところでアユって海から川へと遡上するって知ってました?。

海にいる時は動物性の物を摂取して、川に入ると植物性の物を摂取します。

川では主に石に付いた苔を食(は)みます。

ですから川のアユは餌では釣れないのですけど、名残があるのでしょうか。

完全に成長する前は動物性の物を摂取する時があるのです。

僕はその頃にシラスを餌にしてアユを釣るんですよ。

楽しいものです。




で、ここでのアユ釣りは餌は使いません。

金色の針だけでアユは掛かってきます。

なんかアユって金色に弱いみたいです。

仕掛けには針が何本も付いていまして、釣れる時は5~6匹なんてザラです。

こんなヤツです。


f:id:Missingkiry:20170416123952j:plain


相性が悪いのかこれ使うとすぐに糸が絡まってしまって、僕の方がパニックになっちゃうんですよ。

それもあってこの稚アユ釣りは好きではないんだなぁ~。

メインの理由は別にあるんだけどさ。

どーでもいいけど本当に流れが凄いな。

ちょっと怖いくらい。


f:id:Missingkiry:20170416124229j:plain


「もし落っこちちゃったら……」って想像するとツライ。

君は大丈夫ですか?。


f:id:Missingkiry:20170416124333j:plain




さて、そろそろどこか違う場所に行きましょうかね。

舞浜の方の稚アユ釣りも見てこようかな。

自転車を止めていた場所に丁度ありました。

稚アユ釣りを好きではない理由が。


f:id:Missingkiry:20170416124752j:plain

稚アユの季節

珍しく日曜休み。

しかも晴れ (๑•̀ㅂ•́)و✧ 。

ここのところ全く勉強する気が起きなくて、毎日淡々と過ごしています。

ですから今日も勉強はせずに過ごすと思います。

折角この陽気だからな、両親の所にちょっと顔を出してから江戸川にでも行こうかな。

もう稚アユ釣りのシーズン突入!。

地元の暇なおっちゃん連中が、5センチ位のアユの稚魚を釣っていますよ。

僕はこの釣り嫌いなんですけどね。

僕がアユを釣る時は千葉の山に入って、15センチ位のアユを釣ります。

もちろんちゃんと漁券を支払いますよ。

1200円だったかな?。

15センチ位だと焼いて食べられますし、味もちゃんとアユの味がします。

稚アユ釣りは好きではないけど釣りを見てるのは嫌いじゃないんで、自転車を20分程漕いで覗きに行きましょうかね。

暖かいっていいですねぇ~。


f:id:Missingkiry:20170416085609j:plain

予定が沢山

そうねぇ~。

あれは丁度1ヶ月前でした。

乙四危険物に合格したのは。

昨日ポストに不在票が入っていたので、今日郵便局へ行って受け取りに行ってきました。


f:id:Missingkiry:20170414193923j:plain


これで晴れて危険物を取り扱えます。

この前本屋さんで乙四類消防設備士の参考書をパラパラと見ていましたら、危険物と内容が被っている部分がありました。

予定では二種電工が合格したら乙四類消防設備士も取るのですけど、もしかしたら思っていたよりは苦戦しないかもです。

二種電工を持っていると試験が免状される部分もあるみたいだし。




一昨日職場でぼや騒ぎがありまして、警報とスプリンクラーが放水しました。

一度放水したスプリンクラーヘッドは使えなくなるので交換しなきゃならないのですけど、その交換作業を行えるのは「甲種」の消防設備士なんですね。

その日たまたま消防設備士の方々が点検に来ていたので、スプリンクラーヘッドを交換してもらう運びとなりました。

交換するのに天井を開口して作業する位置を確保しなければなので、チャンモリと僕で天井の開口作業しました。

そしていざヘッドを交換してもらう段階で「2.6だけど2.3しか今ないや」って。

全く意味が解らなかったんだけど、副所長の岩ちゃんと消防設備の方の話から推測は出来ました。

どうやら放水時の半径距離を指しているようです。

なるほど。

半径2.6メートル放水できるヘッドが付いていたけど、今の手持ちは2.3メートルのしかないと。

きっと場所によって設置基準があるんだろうな。

後々知ったけどスプリンクラーが作動開始する温度も72℃と96℃があるみたい。

こいうい事って本を読んで暗記するより、現場で話を聞いていた方が頭に入ります。

あと「ケムカン」がどうのこうのと言ってましたけど、これは恐らく「煙感知器」の略ではないかと。

消防も興味が湧いてきました。